ようこそ

 

 広島映画ークルHP!          

                

第398回例会は広島初公開作品「明日へ」3/26

第399回例会は「エール!」5/21

詳しくは「今後の例会作品」をご覧ください                                                                                                            

   4月12日「感想のページ」に『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』ほかを追加しました

                    「こんな映画を観てきた」に『カプリコン・1』を載せました

12月22日「交流のひろば」に『校庭に東風吹いて』広島上映会の案内を掲載しました


 次回例会

    

 第399回例会   『エール!』

 

    2017年5月21日(日) 広島県立美術館・地下講堂

 

             詳しくは「今後の例会作品」をご覧ください     

  


「過去の例会タイトル」に1回目からのタイトルすべてを載せました       


 嬉しい時、悲しい時、笑いたいとき、感動した時、そして素晴らしい映画を  

 

 観た時、そばに共感してくれる人がいたらいいと思いませんか。

 

 私たちは自分たちの手で作品を選び会場を確保しスクリーンを取り付け

 

 映写機を持ち込んで定期的に自主上映を続けています。

 

 テレビの前で一人で観るのではなく、大きなスクリーンで多くの人と感動を

 

 共有したいと思っています。

 

 あなたも私たちと一緒に映画を再発見してみませんか。

 

 創立は1955年(昭和30年)です。歴史は古いのですが感覚は新しいと  

 

 自負しています。会員の7~8割は女性です。映画の見方、感想は

 

 それぞれです。100人の観客がいれば100通りの感想があります。

 

 私たちはそれを何よりも大切にします。

 

 気難しい理屈や高尚な理論を振りまわすのではなく気軽に気持ち良く

 

 長く続けられるサークルを目指しています。

 

 ぜひ「入会のご案内」をごらんください。

 

 主会場は「広島県立美術館」を使用し、サブ会場として「ゆいぽーと」

 

 会議や各種作業は「市民交流プラザ」を活動拠点としています。

 

 「今後の例会作品」をご覧になってぜひ一度会場にお越し下さい。

 



広島県立美術館              ゆいぽーと                市民交流プラザ


感想のページ

2017年

 3・4月 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」「ライオン 25年目のただいま」「ブラインド・マッサージ」

    「フィッシュマンの涙」「スプリング、ハズ、カム」

 1・2月 「未来を花束にして」

2016年

10・11月  「シアター・プノンペン」「この世界の片隅に」-2

 9・10月 「シング・ストリート 未来へのうた」「FAKE」

 8月 「太陽の蓋」「ニュースの真相」

 7月 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「日本で一番悪い奴ら」

6月 「葛城事件」「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」

 5月   「レヴェナント 蘇えりし者」

 4月 「スポットライト 世紀のスクープ」「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」

 3月 「モヒカン故郷に帰る」「家族はつらいよ」「キャロル」

 1・2月 「オデッセイ」「禁じられた歌声」「ブリッジ・オブ・スパイ」

2015年

12月 「母と暮せば」

11月 「黄金のアデーレ 名画の帰還」「顔のないヒトラーたち」

 9月 「あの日のように抱きしめて」

8月 「チャイルド44 森に消えた子供たち」「戦場ぬ止み」「アリスのままで」

7月 「グローリー 明日への行進」

 6月 「海街diary」「愛を積むひと」

 5月 「イタリアは呼んでいる」「映画 ビリギャル」

 4月 「ジヌよさらば~かむろば村へ~」

 3月 「おみおくりの作法」

 2月 「アメリカン・スナイパー」「トラッシュ!この街が輝く日まで」妻の病-レビー小体型認知症」

 1月  「ジミー、野を駆ける伝説」「百円の恋」「あと1センチの恋」

2014年

12月 「レッド・ファミリー」「百円の恋」

11月 「西遊記~はじまりのはじまり~」「NO ノー」

10月 「イーダ」「ジャージー・ボーイズ」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」「プロミストランド」

  9月 「太秦ライムライト」「舞妓はレディ」「LUCY/ルーシー」「マダム・イン・ニューヨーク」

    「柘榴坂の仇討」
 8月 「アオギリにたくして」「思い出のマーニー」

 7月 「春を背負って」

 6月 「超高速!参勤交代」「世界の果ての通学路」

 5月 「ぼくたちの家族」-2「ブルージャスミン」「チョコレートドーナツ」 WOOD JOB!(ウッジョブ)   

    ~神去なあなあ日常~」-2 「アナと雪の女王」-2 「オール・イズ・ロスト」

 4月 「東京難民」ー2「ローン・サバイバー」「楽隊のうさぎ」

  3月 「神様のカルテ2」「偉大なる、しゅららぼん」「さよなら、アドルフ」「ネブラスカ」

 2月 「少女は自転車にのって」「アメリカン・ハッスル」<「小さいおうち」-2>投稿

  1月 〈「小さいおうち」「アオギリにたくして」「モラトリアムタマ子」「ルパン三世VS名探偵コナン」〉ー短評

    「大脱出」「もらとりあむタマ子」「ハンナ・アーレント」「もうひとりの息子」

2013年

12月 「ゼロ・グラビティ」〈「武士の献立」「清須会議」「ルームメイト」「42~世界を変えた男」〉-短評

11月 「かぐや姫の物語」「夢と狂気の王国」

10月 「クロワッサンで朝食を」「25年目の弦楽四重奏」「あの頃、君を追いかけた」

          〈「トランス」「R100」「大統領の料理人」「クロワッサンで朝食を」〉-短評

9月 「そして父になる」「凶悪」

   〈「そして父になる」「マン・オブ・スチール」「貞子3D2」「ペンギン夫婦の作りかた」〉ー短評

   「最後のマイ・ウェイ」

8月 「パシフィック・リム」「スタンリーのお弁当箱

          〈「バーニーみんなが愛した殺人者」「風立ちぬ」「ペーパーボーイ真夏の引力」「終戦のエンペエラー」〉-短評

   「偽りなき者」

7月 「ベルリンファイル」「セデック・バレ」-2 「殺人の告白」-2「さよなら渓谷」

6月 〈「くちづけ」「ローマでアモーレ」「はじまりのみち」「オブリビオン」〉― 短評

   「奇跡のリンゴ」「箱入り息子の恋」「きっと、うまくいく」

5月 「シャドーダンサー」「天使の分け前」「桜、ふたたびの加奈子」「舟を編む」「じんじん」「プラチナデータ」

4月 「ヒッチコック」「約束~名張毒ぶどう酒事件 ある死刑囚の生涯~」「君と歩く世界」

3月 「おだやかな日常」「だいじょうぶ3組」「愛について、ある土曜日の面会室」「ゼロ・ダーク・サーティ」-2

   「愛、アムール」「レ・ミゼラブル」「王になった男」「フライト」「二つの祖国で 日系陸軍情報部」

2月 「塀の中のジュリアス・シーザー」「桐島、部活やめるってよ」「しあわせカモン」-2「レ・ミゼラブル」

   「96時間/リベンジ」「ファースト・ポジション」-2

1月 「砂漠でサーモンフィッシング」「96時間/リベンジ」「LOOPER/ルーパー」「アルゴ」-2「声をかくす人」-2

 

2012年

12月 「みんなで一緒に暮したら」「ソハの地下水道」「007スカイフォール」「のぼうの城」

11月 「人生の特等席」「希望の国」「009:CYBORG」「北のカナリアたち」「コッホ先生と僕らの革命」

   「いわさきちひろ~27歳の旅立ち~」

10月 「SAFE/セイフ」「最強のふたり」「鍵泥棒のメソッド」「エージェント・マロリー」「ハンガー・ゲーム」

   「ロック・オブ・エイジズ」

 9月 「天地明察」「鍵泥棒のメソッド」ー2「夢売るふたり」「デンジャラス・ラン」「トガニ」「エイトレンジャー」

   「トータルリコール」「おおかみこどもの雨と雪」「あなたへ」-2

8月 「さんざしの樹の下で」「ダークナイト・ライジング」「ニッポンの嘘 報道写真家福島菊次郎90歳」

   「裏切りのサーカス」

7月 「ブラック・ブレッド」「私が、生きる肌」「リンカーン弁護士」「崖っぷちの男」「オレンジと太陽」

   「スノー・ホワイト」「ファイナル・ジャッジメント」「アメイジング・スパイダーマン」「ソウル・サーファー」

   「グッド・ハーブ」

 

こんな映画を観てきた 

2016年

  2月 「カプリコン・1」

2015年

11月 「Ray/レイ」

 4 「フルメタル・ジャケット」「ライセンス・トゥ・キル」

2014年

 5月 「セントラルステーション」「不滅の恋/ベートーヴェン」

 4月 「怪談」

 3月 「大理石の男」「Uボート」「リンダ リンダ リンダ」

 2月 「恋はデジャ・ブ」「受験のシンデレラ」「終身犯」

 1月 「小説家を見つけたら」「タワーリング・インフェルノ」「RONIN」

2013年

12月 「クラッシュ」「背信の日々」

10月 「ザ・バンク 堕ちた巨像」

 9月 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」

 8月 「高地戦」「スニーカーズ」

 7月 「波止場」「父の祈りを

6月   「グライド・イン・ブルー」「CUT」「プレステージ」

5月 「恐怖の報酬」「フリーダム・ライターズ」

4月 「真夜中のカーボーイ」

3月 「情婦」「ブリット」「第十七捕虜収容所」

2月 「手紙」「やがて復讐という名の雨」「ストレイト・ストーリー」

1月 「決断の3時10分」「ブラッド・ワーク」「真昼の決闘」

 

2012年

12月 「マーティ」「サムライ」「告発の行方」「霧の旗」

11月 「ブロンクス物語」「ザ・ペーパー」

10月 「真実の行方」「女はみんな生きている」「判決前夜」「おつむてんてんクリニック」「理由]

  9月 「ディア・ブラザー」「パピヨン」「運命じゃない人」

  8月 「訣別の街」「愛という名の疑惑」「フィラデルフィア」「アギーレ/神の怒り」

  7月 「明日、君がいない」「僕の大事なコレクション」「追悼・アーネスト・ボーグナイン」

   「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「チャーリング・クロス街84番地」