「母と暮せば」

 

 母と暮せば

   

  2015年 日本映画 2h10 <予告編

 

  監督:山田 洋次 音楽:坂本 龍一

 

  出演:吉永 小百合/二宮 和也/黒木

 

終戦・被爆70年の節目の今年、作家の井上ひさしが「父と暮せば」に続いて構想し果たせな

 

かった物語を、山田洋次監督が長崎を舞台に映画化した。

 

「父と暮せば」が、広島を舞台とした父と娘の物語なら、「母と暮せば」は長崎を舞台にした

 

母と息子のお話である。亡き父が娘を思うばかりに現れて応援する「父と暮せば」は、娘の心

 

の中の葛藤と解せよう。ゆえに最後は死者の声として受け止めて前向きに生きていける。「母

 

と暮せば」の場合、そのメッセージは、息子・浩二(二宮和也)の恋人の町子(黒木華)に託

 

される。けれどもそれは、自分たちの幸せな未来を断ち切ることにつながる。最後に「どうし

 

てあの娘だけが幸せになるの」という母・伸子(吉永小百合)のセリフが胸に突き刺さる。ま

 

ことに、息子に先立たれた母親の苦しみ、悲しみはどんなに大きいか。

 

終戦から3年たって現れた息子の亡霊との心の交流は、母と子の甘い記憶を甦らせる至福の時

 

間だったのではないか。山田監督らしからぬCGを多用し、ラストも含めてファンタジーとし

 

て描いている。細部にわたって細やかに作り込まれた装飾・小道具の類、戦前、戦後の貧しい

 

中にも品の良い暮らしの風景が鮮やかによみがえる。さらに、伸子に心よせる上海のおじさん

 

(加藤健一)、復員局を訪ねる民子(本田望結)の気丈さ、町子が婚約者と訪ねる帰り際の情

 

景など、幾度涙したことか。

 

「僕の死は運命だったんだ」と言う息子に母は、「津波や地震は防ぎようがないから仕方ない

 

けど、原爆は防げたことなの、人間が計画して行った大変な悲劇なの」と語る場面に、戦争に

 

対する監督の思いを見た。

 

故・井上ひさしに捧げるオマージュとして、今年いちばん心を揺さぶられた映画となった。                   

 

                                      (OK)