「おみおくりの作法」

 

   おみおくり作法

 

   2013年製作 イギリス/イタリア合作映画 上映時間131 <予告篇>

 

   監督/脚本:ウベルト・パゾリーニ

 

   出演:エディ・マーサン / ジョアンヌ・フロガット / カレン・ドルーリー


ロンドンの南部、ケニントン地区の公務員(民生係)である44歳のジョン・メイ

 

の仕事は、孤独死した人の葬儀を執り行うことです。

 

彼は死者が生前暮らしていた部屋に行き、死者の足跡を辿ります。そして家族を

 

見つける努力をします。見つからない場合は彼自身がその人のために葬礼の音楽

 

を選び、弔辞を書き、牧師と二人でおみおくりをするのです。

 

規則正しい生活をおくりながら、ジョン・メイはいつもひとりで仕事をして

 

います。彼自身にも身寄りはいません。ある朝、ビリー・ストークという年配の

 

アルコール中毒患者の遺体がジョン・メイの真向いのアパートで発見されす。

 

目と鼻の先に住んでいた人が孤独死していてジョン・メイ自身その人の

 

何一つ知らなかったという事実にショックを受けます。

 

ジョン・メイはビリー・ストークのために、彼の部屋にあったアルバムを

 

手掛かりにイギリス中を回り、ビリーの人生の空白を埋めていきます。

 

小さな交差点でも決して安全確認を怠らないジョン・メイ。

 

最後まで手を抜かず自分の仕事を全うしようとするジョン・メイ。

 

孤独死した人々の生前の苦悩を思い、それを眉間の皺に深く刻み込んだような

 

ジョン・メイ。

 

フィンランドの映画監督アキ・カウリスマキを思い起こさせる作風で、ラスト、

 

エッと思わせる展開とやがて静かな感動がやってきます。   <紅孔雀>