『シェイプ・オブ・ウォーター』

 

 

シェイプオブウォーター

 

 

 

 2017年 アメリカ 2時間4分 <予告編> 

 

 監督:ギレルモ・デル・トロ 

 

 出演:サリー・ホーキンス 

 

 

形態からは、『フィッシュマンの涙』に似ているかと思ったが、原因的には全く異なってい

 

た。むしろ『エレファント・マン』のように、生まれついての「怪物」で、見世物の段階、い

 

きなり研究対象になって、生死与奪の権力をもつ軍人から抹殺されかける。

 

そこへ、知的能力を認める研究者や、ろう者と思われる女性から、人道的に情けをかけられて

 

助けられることになる。手話を使う女性は、ろう者にしては周囲と不自然なコミュニケーショ

 

ンの取り方をしていたが、『機関車先生』と同様の理由で手話を使うことがわかった。やがて

 

「怪物」と水中で愛を深め合う様は、『愛は沈黙の中に』のようであった。「怪物」は、女性

 

たちから命を守られていったようでありながら、最後は、『キングコング』や『ターザン』の

 

ように、逞しく女性を守る野生の力を発揮することになった。

 

他方で、古来から世界的に人間と他の生物や神との異類婚姻譚といわれる説話が様々ある。

 

『おおかみおとこの雨と雪』『いぬむこいり』では、異類婚から生まれた子が社会的にどのよ

 

うな扱いを受けるか、差別や迫害を受けたり、生きる支えを獲得していくという展開が描かれ

 

ていた。『シェイプ・オブ・ウォーター』でも、カップルに子どもが生まれた後を描く続編を

 

期待したい。(竪豪)