415回例会 201998日(日)

 

          会場:広島県立美術館・地下講堂  

 

      上映開始 ①午後1時  ②午後330

 

ローマ法王来広(11月末予定)記念上映

学習会のご案内

 広島映画サークルではカトリック広島教区のご協力を得てこの映画、とりわけ「ローマ法王」についての学習会を行います。日時は824日(土)15時から1時間程度を予定しています。

会場は世界平和記念聖堂(幟町教会/中区幟町4-42)です。どなたでも参加できます。多くの皆さんの参加をお待ちしています。 

 

20176月 日本公開 イタリア映画  上映時間 153 

 

                         <予告篇>                     スタッフ

 

監督:ダニエレ・ルケッティ

 

脚本:マーティン・サリナス / ダニエレ・ルケッティ

 

撮影:イバン・カサルグランディ

 

 

 

キャスト

 

ホルヘ・ベルゴリオ(19612005

 

   ロドリゴ・デ・ラ・セルナ   

 

ホルヘ・ベルゴリオ(20052013

 

   セルヒオ・エルナンデス

 

オリベイラ判事

 

   ムリエル・サンタ・アナ

 

エステル・バッレストリーノ

 

   メルセデス・モラーン

 

 

コンクラーヴェ(教皇選挙)のためにバチカンに赴いたベルゴリオ枢機卿は、静かに自身の

 

軌跡を振り返ります。2013年に史上初となるアメリカ大陸出身のカトリック教会長として

 

266代ローマ法王に就任したフランシスコの半生を、実話をもとに描いています。

 

1938年、イタリア移民の子としてブエノスアイレスに生まれたホルヘ・マリオ・ベルゴリ

 

オ。大学で化学を学んでいたベルゴリオは、1960年、20歳の時に神に仕えることが自分の

 

道と確信し、イエズス会に入会します。恋人ガブリエラの必死の訴えも、彼の決意を翻意させ

 

ることはできませんでした。ベルゴリオは日本での宣教を希望しますが、伝道の道は早いと諭

 

されます。しかし、ベルゴリオは述懐します「国内の試練の方がより過酷だったろう。まさに

 

暗黒だった」と。神学を学び、その指導力が認められ35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命

 

されたそんな中、アルゼンチンでは軍事独裁政権の恐怖政治による軍の圧力が強まっていき、

 

グレゴリオも難しい立場に立たされます・・・。

 

 

時は流れ2013年のバチカン。コンクラーヴェで次々と読み上げられたその名前は・・・。

 

 

「イタリア映画祭2016」では「フランチェスコと呼んで みんなの法王」のタイトルで上映

 

されました。